定款

1990年4月01日 制定

1990年8月11日一部改訂

1991年3月30日一部改訂

1994年3月26日一部改訂

1995年3月25日一部改訂

1996年3月30日一部改訂

1997年3月29日一部改訂

1998年3月28日一部改訂

2001年3月31日一部改訂

2002年4月26日一部改訂

2003年4月15日一部改訂

2004年4月20日一部改訂

2005年4月20日一部改訂

2006年4月21日一部改訂

2008年4月18日一部改訂

2009年4月17日一部改訂

2010年4月16日一部改訂

2011年4月15日一部改訂

2014年4月18日一部改訂

2016年4月22日一部改訂

2017年4月21日一部改訂

第1章 総則
第1条 本商工会は『大連日本商工会』と称する。
英文名は、Japanese Chamber of Commerce & Industry, Dalian.(J.C.C.I,Dalian)と称する。
   
第2条 本商工会は、会員の円滑な商工活動などを促進し、以って日中経済交流の発展および日中友好の増進に資することを目的とする。
   
第3条 1.本商工会は、第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 会員の商工活動発展のための援助および便宜供与
(2) 会員相互間の親睦を図るための事業
(3) 会員に有益な情報を提供する事業
(4) その他本商工会の目的を達成するために必要な事業
2.本商工会は営利を目的とする事業および特定の個人、法人、その他の団体の利益を目的とする事業は、行わない。
第2章 会員
第4条 本商工会の会員資格を正会員、特別会員の2区分とし、次の通りとする。
 
(1) 正会員は、大連市およびその近郊地域に常駐し商工業に関係する日本国法人の支店、出張所、駐在員事務所、および日本人の関与する現地法人(合作方式を含む)、または、大連市およびその近郊地域に常駐し商工業に関係する日本人で、定款第3条第1項の事業に参加することを目的とする個人とする。
(2) 特別会員として、『在瀋陽日本国総領事館』及び『在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所』、『大連日本人学校』関係者を迎える。
   
第5条 以下の行為を行った会員は、理事会の決議に基づき本商工会を退会または会員資格を一時停止させることが出来る。
 
(1) 会費の滞納が3ヶ月以上に及ぶ場合。
(2) 本商工会の会員であることを利用した詐欺行為、押し売り、脅迫、中傷などを行なった場合。
(3) 組織ぐるみで違法行為(日本および中国の法律、法規)を行なった場合。
(4) 特定の企業の利益のためや、信用を得るため、宣伝に利用するためなどに、本商工会の後援、もしくは協賛などを無断で掲載した場合。
(5) 入会時に申請内容を偽って入会した事が判明した場合。
(6) 現地法人の登記変更などにより、会員資格がなくなった場合。
(7) その他、本商工会及び会員の名誉を著しく損なう行為を行った場合。
(8) 商工会の活動を通じて知り得た個人情報や、理事会及び各委員会において公開すべきではないと決議された情報を外部に漏洩した場合。
   
第6条 正会員は、本商工会が行う会員の商工活動発展のための援助および便宜供与を受ける権利を有する。
   
第7条 会員は、この定款並びに総会及び理事会の議決事項を遵守しなければならない。
第3章 総会
第8条 総会は、定時総会および臨時総会とし、定時総会は、毎年年度初めに開催する。臨時総会は、理事長もしくは理事会が必要と認めたとき、または会員の5分の1以上の要求があった時に、理事長がこれを招集する。
   
第9条 1.総会は、書面審議の方式による場合を除き、正会員総数の過半数の出席(委任状を含む)をもって成立し、出席者の過半数の賛成を得て下記事項を決議する。
 
(1) 理事の選出および解任
(2) 本定款の改訂
(3) 前年度事業報告、会計報告の承認、および今年度事業方針、会計予算方針の承認
(4) 本商工会の解散
(5) その他本商工会会員の利害に直接係るまたは商工会の存続に係る重要事項
  2.毎年4月1日~翌年3月31日を事業および会計年度とする。
  3.上記以外の項目については、理事会の決議事項とする。
第4章 理事及び理事会
第10条
1. 本商工会には、理事長1名、副理事長2名、事務局長1名、会計幹事、若干名の理事を置く。
2. 会員の中から定時総会において選出し、任期は1年とする。ただし、再選を妨げないものとする。
3. 理事会を構成し、理事会は本商工会の運営に関する事項を審議し、決定する。
 
   
第11条 理事は、次の業務を担当する。
 
(1) 理事長は、本商工会を代表し、本商工会の事務を総括する。
(2) 副理事長は、理事長を補佐し、理事長不在の時は、その業務を代行する。
(3) 事務局長は、本商工会の事務局としてその業務を遂行する。
(4) 会計幹事は、会費の徴収、保管を含む会計業務を担当する。
(5) 監査役は、会計監査等を行う。
第5章 監査役
第12条
1. 本商工会には、監査役を置く。
2. 監査役は、会員の中から定時総会において選出し、任期は1年とする。ただし、再選を妨げないものとする。
3. 監査役は、会計監査及び業務監査(理事会及び事務局の運営に関する監査)等を行う。
 
第6章 運営
第13条 本商工会の事務局は、大連市内に置く。
   
第14条 本商工会の運営に必要な資金は、入会金および会費によるものとし、入会金及び会費は、別途会員規則に定めることとする。
   
第15条 本商工会の運営資金は、第3条に記載の諸事業を行うために支出するものとし、特定の個人、法人、団体の利益のためには原則として使用しない。
   
第16条 理事会の決議により、本商工会に、分会、委員会、学校理事会、その他の組織を置くことができる。
   
第17条 「大連日本人学校」を本商工会の付属機構として設立し、本商工会理事会により設置される「学校理事会」が運営にあたるものとし、学校理事は本商工会理事長がこれを委嘱する。学校理事の任期は、1年とし再任を妨げない。
第7章 定款の改正及び解散
第18条 この定款は、総会の決議により改訂することができる。
   
第19条 本商工会は、総会の決議により解散することができる。解散する時は、財産は精算されるものとする。残余財産は、総会の決議に従って処理する。

ページの先頭へ戻る
To Top